今回紹介するのは 2020年公開の マ・レイニーのブラックボトム
picture015


英語 Ma Raineys Black Bottom
監督は ジョージ・C・ウルフ
脚本は ルーベン・サンチャゴ=ハドソン
主な出演は ヴィオラ・デイヴィス、 チャドウィック・ボーズマン グリン・ターマン など


1927年 の シカゴ
ある 録音スタジオで歌手マ・レイニーの到着を待つ。
picture016

バンド・メンバーの間には もめ事の火種がくすぶり、
マ・レイニー自身の楽曲制作の主導権をめぐり 、
白人のマネジメント 陣と激しく対立する。
picture030 (2)
picture035 (2)


一方で 野心的な若き コルネット奏者 レヴィーは、
音楽業界で 自らの実力を示そうと燃えていた…という ストーリー
picture047


「ブルース の 母」と呼ばれたマ・レイニーを描く同名戯曲の映画化で、
チャドウィック・ボーズマンの遺作。
内容はいかにも 舞台劇で、
全体を通して基本は 会話 または、モノローグという構成。
黒人差別への痛烈な批判や ヴィオラ・デイヴィスとチャドウィック・ボーズマンの熱演など、
picture057 (2)

映画として見るべき要素も多いが、
エンターテイメント性の観点では微妙なところ、
最初から最後まで誰かしらがずっと争ったり、罵りあっているので、
とにかく疲れる。ということで、
picture073 (2)

評価はいまいち。

picture079
ブログランキング・にほんブログ村へ